*

独学で行政書士をめざす方へのおススメ勉強法

独学で行政書士をめざす方へ、私が良いと思う勉強法などをお伝えします。


●学習習慣を付ける
学習習慣を付ける。当たり前のことですが、これがなかなか難しいですよね。
おススメなのは、「毎日必ずやること」にちょっと「勉強」を付け加えることです。私は通勤中に本を読んでいましたが、それを勉強時間に切り替えました。
ダイエットのための半身浴中に参考書を読む、などというのも良いかもしれません。継続は力なり! とにかく工夫して、自分が勉強をせざるを得なくなる環境をつくることが大事だと思います。


●スキマ時間を有効活用する
チリも積もれば山となります。通勤時間、バスタイム、おトイレなどなど、スキマ時間に何らかの勉強ができるように工夫しましょう。
コンパクトサイズの参考書などは便利です。また、自分でメモ帳や単語カードなどに要点をまとめておくのでも愛着がわいて良いでしょう。


●いきなり高すぎる目標は立てない
行政書士に合格! これは、それだけでもかなり高い目標だと思います。
ましてや独学ならなおさら。ですから、最初は「毎日30分勉強する」「毎日4ページだけは必ずやる」なそ、達成しやすそうな、多少物足りないと感じる程度の目標を設定しましょう。
それを1週間、2週間と続け、楽にできるようになったら少しずつ目標を上方修正していくのです。自分自信の進歩も目に見える形で実感できますし、おススメです。


●DVDやCDの音声を倍速などにしてBGMのように聴く
人間は、目からだけでなく耳からもたくさんの情報を入手します。子どものころに言葉を覚えたのは耳からでした。
ですから、通信講座で講義の音声などがある場合、それを繰り返し聴きましょう。BGMのように自宅でずっと流しておくのも良いかもしれません。
知人は、講義CDをボイスレコーダーに落として2.5倍速で聴いていたと言っていました。音声がない場合は、いっそのこと自分でスマホに要点を録音してしまうのも良いかもしれません。


●模試や過去問は復習を重視
特に直前期など、過去問を解いたり模試を受けたりすると、その結果だけに一喜一憂してしまうことがあると思います。
でも、模試や過去問は自分の弱点を把握するためにあるもの。同じ過ちは二度としないという心構えで、間違えた部分をしっかり復習し、苦手の克服に努めましょう。

独学は無理かも…と思ったときにおすすめの通信講座ランキング

おすすめNo.1! フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
⇒詳細はこちら

No.2! LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。
⇒詳細はこちら

No.3! TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。
⇒詳細はこちら

独学で行政書士をめざす方へのおススメ勉強法 関連ページ

独学で行政書士をめざす方へのおススメテキスト
よく、「独学で行政書士をめざすならどんなテキストがおススメですか?」という質問をいただきます。 私の場合は、独 […]
独学は自分との闘い! 私が行政書士試験に受かるまで(合格編)
行政書士の勉強を独学で始めたものの、1年目はほぼ記念受験状態。 2年目も、自分なりに勉強したつもりが不合格でし […]
独学は自分との闘い! 私が行政書士試験に受かるまで(前編)
私が行政書士の勉強を独学で始め、最終的に(足掛け3年かかってしまいましたが……)合格するまでの道のりを紹介しま […]